未分類

メルカリで無在庫転売できる?具体的なやり方と注意点を徹底解説!

メルカリはアプリとして登場以来、圧倒的なシェアをほこり、日本国内だけでなく、海外でもダウンロードされ、今や断トツの利用者数を確保しています。

スマホひとつで取引が完結できる利便性もあり、メルカリで無在庫転売ができたら稼げるだろう…という期待も大きいです。ここでは未経験でもできるメルカリを利用した無在庫転売の具体的なやり方と注意点を徹底的に解説します。

 

メルカリで行なう無在庫転売とは?

一般的に、メルカリに出品するといえば「手元にある商品をメルカリに出品(商品を販売)⇒商品が売れる⇒商品の発送⇒相互評価⇒売上げ獲得」という一連の流れになります。

一方、無在庫転売とは「メルカリに出品(商品を販売)⇒商品が売れる⇒商品を仕入れて発送する⇒相互評価⇒売上げ獲得」という流れです。

つまり、違いは、メルカリに出品する商品が手元にあるかどうかということになります。

メルカリで行なう無在庫転売のメリット・デメリット

メルカリで行なう無在庫転売とは、メルカリに出品した商品が売れたことを確認してから、商品を購入して、購入先から購入者に発送することをいいます。ここからはメルカリで行なう無在庫転売のメリットとデメリットについて挙げていきます。

メリット

まずは、メルカリで無在庫転売を行なうことで得られるメリットをみていきましょう。

メルカリを利用するための年齢制限がない

メルカリはスマホがあれば誰でも利用できるアプリです。特に、未成年であれば親の同意があれば問題なく取引できます。だから、スマホがあれば誰でも稼げる可能性があると言えます。そのため、無在庫転売に関しても年齢制限関係なく行えます。

商品の在庫を持たなくて済む

一般的に、メルカリで商品を売るとなると、手元にある商品を売ることが前提となっています。だから、もしメルカリに出品した商品が売れなければ、自宅に商品が残ったまま、最悪の場合は不良在庫となってしまいます。

しかし、無在庫転売であれば、メルカリで商品が売れたことを確認してから、商品を購入し、購入者に発送すればいいのです。つまり、手元に商品の在庫を抱える必要がなくて済みます。

資金がなくてもできる

メルカリはスマホひとつあれば、たったひとりでも、在宅でもできるため、店舗も従業員もいりません。そのため、管理費や人件費などの諸経費は一切かかりません。

また、販売する商品は、メルカリで売れたことが確認できた商品だけを仕入れれば済むので、あらかじめ販売する商品を購入しておく必要がありません。したがって、商品を予め購入しておくための費用もクレジットカードがあれば全くいりません。

出品する商品がなくなる心配がない

身の周りの不要品を処分する断捨離に利用されることが多いメルカリですが、身の周りの断捨離だけではいずれメルカリに出品する商品がなくなってきます。

しかし、無在庫転売であれば、インターネットを使って、常に売れる商品を見つけて販売し続ければ済む話なので、メルカリに出品する商品がもうない…という事態はほぼありません。常に何が売れるか?アンテナを張っておけば半永久的に商品を売り続けられます。

スマホひとつで取引が完結できる

メルカリが圧倒的なシェアを誇る理由のひとつがスマホひとつで取引が完結できる手軽さにあります。今やスマホを携帯しない人はいないというくらいにスマホはたいへん身近な存在です。 

だから、メルカリで商品が売れたこともタイムリーで確認できるので、売れたことを確認してから、商品を仕入れて、購入者に発送するまでの一連の作業もスマホがあれば簡単に、スムーズにできます。

無在庫転売なら輸入商品も安心して扱える

海外から商品を輸入してからメルカリに出品する場合、商品が売れなければ、在庫をかかえるだけでなく、輸入に関わった手数料分まで赤字となってしまいます。しかし、売れたこと、支払が済んだことがわかってから商品の輸入をすれば、赤字のリスクはほぼありません。 

デメリット

続いて、メルカリで無在庫転売を行なうことでありがちなデメリットをみていきましょう。

無在庫転売を行なうライバルが多い

メルカリ利用者が多いということは、無在庫転売をすでに行なっているライバルが多いことも簡単に予想できます。

基本的にメルカリは法人やストアでの利用が禁止されているので、ライバルは個人になります。だから、メルカリに出品して、稼ごう、利益を出そうとする商品がすでにメルカリに出品されていることも想定できます。

そのため、無在庫転売を行なっていると思われる出品者の出品内容をチェックして、同じような商品の出品を避けたほうが稼げます。

購入者とのクレームが起きやすい

無在庫転売の場合、手元に商品がないので、在庫がある場合に比べて、どうしても購入者からのクレームが起きやすいのも事実です。対応次第では、メルカリ事務所へのクレーム報告、評価「悪い」がつきやすいリスクもあります。

したがって、無在庫転売では商品を実際に手にできないことによるリスクがあることはあらかじめ承知しておきましょう。

アカウント停止のリスクが常につきまとう

メルカリでは無在庫転売が規制されているため、無在庫転売を行なっているとメルカリ事務局に判断されると、かなりの高い確率でアカウントが停止され、強制退去させられます。 

無在庫転売を行なっているとメルカリ事務局にバレる理由の大部分がメルカリ利用者からの事務局への通報です。

メルカリの場合は、無在庫転売が原因でアカウントが停止されてしまうとほぼ復活することはありませんので、非常にリスクが高いことは承知しておきましょう。 

大きく稼げるかどうか期待できない

メルカリ運営側の発表によると、20181月から12月の1年間でメルカリに出品経験のある約250万人に調査した結果、1人当たり平均して約17,000円の売上げがあったといいます。

すでに無在庫転売を行なっている人も調査対象に入っていることを考えても、無在庫転売であっても、月100万、200万といった大きな売上げは期待できないことがわかります。

つまり、メルカリの無在庫転売の規制が大きな稼ぎの足かせとなっているため、そう簡単には稼げないのです。

メルカリで行なう無在庫転売の具体的なやり方

ここからはアマゾンや仕入れ元の商品をつかって、メルカリで無在庫転売を行なう具体的なやり方について説明します。

販売する商品を探す

無在庫転売の初心者におすすめなのはアマゾンの売れ筋商品を扱うことです。

メルカリで売れやすいものは、メルカリで売れやすいジャンルのなかで、売り切れている商品を検索すれば見つかります。そして、メルカリで売れやすいジャンルで、アマゾンにある同じジャンルのアマゾンランキングの上位商品を選ぶといいでしょう。

メルカリに商品を出品する

もし仮にアマゾンの商品をメルカリに出品するのであれば、出品に必要となる画像、タイトル、商品説明文がすべて揃っているため、コピペで利用すれば出品作業も簡単にできます。

このときに、くれぐれも商品説明文中に無在庫転売をにおわせる言葉や「アマゾンから発送されます」のようなフレーズを入れないように気をつけましょう。

また、メルカリで商品が売れてから、発送する商品を用意するため、発送までの日数は余裕を持って設定しておくとトラブルになりにくいでしょう。

メルカリで商品が売れる

メルカリで商品が売れると、購入者から取引メッセージが送られてくるケースがあります。この取引メッセージの内容もメルカリ事務局ではチェックしている場合もあるため、取引メッセージでも無在庫転売をにおわせる言葉やフレーズは出さないようにしましょう。

商品を仕入れ先から仕入れる(商品を発送する)

画像①と②をご覧ください。

これら上記のように商品がメルカリで売れたらすぐに商品を仕入れる、つまり、アマゾンから購入します。

アマゾンで購入するときにはトラブルを避けるためにも次の5点の注意が必要です。

  1. 「ギフトの設定」にチェックする
  2. お届け先の住所はメルカリの購入者の住所を設定する
  3. 電話番号はメルカリの出品者の電話番号を設定する
  4. 「納品書に金額を表示しない」にチェックがついていることを確認する
  5. ギフトメッセージに「メルカリの○○です。アマゾンを利用しました。この度はありがとうございました。」のような文言を入れる。

 

相互評価を行なう

メルカリでの購入者が商品を受取り評価がされたら、購入者へ評価をして取引が終了となります。無事に相互評価が済めば売上金が振込みされます。

 

メルカリの無在庫転売による収入事例

20代から40代の女性の層がメルカリの主な利用者といわれ、さらに平均して、1回につき2000円から3000円程度の買い物をしている人が多いと推測されています。この購買基準を元にすれば収入事例が出せます。

 女性に人気のアクセサリー

例えば、女性に人気のアクセサリーであるピアスやイヤリングです。

アマゾンの販売価格は定価の79%オフの1680円、定価は7650円なので、メルカリに8000円で出品して売れれば、メルカリ手数料を差し引いても、5700円程度の売上げが見込めるので、黒字が期待できます。

iPhone充電ケーブル

通常の販売価格は1980円ですが、タイムセールの場合は50円で、個数制限なく何個でも購入できます。

例えば、1個50円で仕入れ、メルカリに1000円で出品して売れれば、10%のメルカリ手数料や配送料を除いても、700円程度の売上げが見込めます。コツコツ売り続ければ売れた個数分の利益が発生します。

メルカリで無在庫転売を行なう際の注意点

メルカリでは無在庫転売を行なうことが禁止されているため、メルカリで無在庫転売を行なう際にはいくつか気をつけなければならないことがあります。

メルカリには無在庫転売の規制がある

メルカリでは手元にない商品を出品することは禁止されています。メルカリでいう手元にない商品とは次の4つになります。

  1. 文字通り商品が手元にない
  2. 取り寄せが必要な商品であること
  3. 発売前や公開前で手元にないとみなされるもの
  4. その他、手元にないと判断されるもの

メルカリでは利用規約に違反していると事務局から判断されれば・アカウントの永久停止・メルカリからの強制退去・売上金の没収といった措置がとられる可能性が高いことは承知しておきましょう。

ツールを使った大量出品はバレる

メルカリはスマホで簡単に出品できますが、大量に出品するとなると面倒…という人も多いです。

しかし、メルカリの利用規約では「弊社が提供するインターフェイスとは別の手法を用いてサービスにアクセスすること」が禁止されています。

つまり、何らかの外部ツールを使って一斉に大量出品する行為は禁止行為にあたります。

しかし一方で、メルカリでは出品数の制限がないといいつつも、マニュアルによる一斉大量出品がされると、検索にかからないようにするなどの規制が入ることがあります。

これは法人や業者のメルカリ利用のチェック機能が働いているためです。したがって、マニュアルであっても一度に大量の出品は避けましょう。

商品説明に無在庫転売をにおわせる説明を入れない

メルカリでは、無在庫転売に対する規制や、購入者の無在庫転売へのチェックが厳しいです。そのため、商品を出品した際には商品説明文に、アマゾン、FBA○○から発送、貸し倉庫など、無在庫転売であることをにおわせる言葉は入れないようにしましょう。

商品の発送元に気をつける

購入者が商品を受け取って「発送元が『株式会社 ○○○』で出品者の発送元の地域とは全く違う所から届いた」「発送元の会社を調べたら会員制の仕入れ業者だった」という相談がメルカリの相談BOXにはたくさんあります。 

無在庫転売と気づかれずに商品を購入されたものの、発送元の情報で無在庫転売とバレているケースが相当多いです。また、勝手にアマゾンや仕入れ先や住所登録されたというクレームも増えています。

そのため、仕入れ元から購入者に直送するよりも、商品が売れてから、AmazonPrimeや卸売り業者から商品を仕入れて、自身で発送することが最も安全な方法といえます。

ただし、自動発送とは異なり、仕入れ・梱包・発送の手間がかかるため、大量の商品を取り扱うことは大変です。

しかし、これまでの有在庫転売とは異なり、在庫が売れ残るリスクはほぼありません。だから、時間や手間をかけることが負担にならない人には、商品が売れてから、仕入れて、発送を行なうことのほうが断然リスクが少ないです。

評価「良い」を多くためる

メルカリでは評価を参考に取引を行なう人も多いです。フリマやオークションで高評価を受けていても、メリカリ初心者の場合は取引にいたるまでに時間がかかることが多いです。

特に、出品数が多い割に、評価が極端に少ない場合は、業者か転売ヤーと疑われるため、取引を敬遠されることが多いのも事実です。

そのため、無在庫転売を安全に行なうためにも評価の「良い」を多くためるように意識しましょう。

評価は個人の価値観もありますが、比較的取引メッセージを適宜使うことや梱包に気を遣うことでも、購入者は安心感を得ることができるため、ちょっとしたトラブルがあっても評価「良い」がもらえる傾向が高いです。 

メルカリで無在庫転売を行なうポイント

メルカリで無在庫転売を行なう際にはいくつか気をつけたいことがあります。

  • メルカリの評価「良い」の数に見合った出品数で始める。
  • 出品商品の説明文に無在庫転売をにおわせない
  • アマゾンや仕入れ先から直送する場合は発送元の情報、納品書の同梱に気をつける。
  • 仕入れや梱包、発送は自身で対応するのが安全

無在庫転売は違法ではありませんが、メルカリの規約違反になります。しかし、やり方を工夫さえすれば、無在庫転売であっても、有在庫転売と似たように安心して取引できます。

さらに、最初は国内のみの取引だけであっても、慣れてくると、不良在庫を持つリスクがない分、いずれは輸出入まで拡大できるので、稼げるチャンスはさらに広がっていきます。