未分類

ヤフオクで無在庫転売できる?具体的なやり方と注意点を徹底解説!

ヤフオクは19999月にYahoo!オークションとして登場。2008年には2000万件の出品総数を超え、他のインターネットオークションとは利用者数や落札率でも大きく差をつけています。

一方で、スマホが普及するようになって、フリマアプリに利用者数を越されてはいる事実がありながらもヤフオク人気は今もなお健在です。 

ここでは未経験でもできるヤフオクで行なう無在庫転売の具体的なやり方と注意点を解説します。

 

ヤフオクで行なう無在庫転売とは?

ヤフオクに出品するとなると「実際に手元にあるモノをヤフオクに出品⇒商品が落札される⇒商品を発送する⇒相互に評価する⇒売上げが入る」という流れです。

ところが、ヤフオクで無在庫転売をするということは、ヤフオクに出品するモノが実際に手元にないものを出品することになります。

 

ヤフオクで行なう無在庫転売のメリット・デメリット

ヤフオクで行なう無在庫転売とは、ヤフオクに出品した商品が入札・落札されたことを確認してから、商品を購入して、落札者に発送することをいいます。

ここではヤフオクで行なう無在庫転売のメリットとデメリットについて具体的にみていきましょう。

ヤフオク無在庫転売のメリット

まずは、ヤフオクで行なう無在庫転売で感じるメリットをいくつかみていきましょう。

 

2-1-1.商品の在庫を持たなくて済む

物販で頭を悩ますことのひとつが在庫の保管。売れるかどうかもわからない商品在庫のために、保管場所を借りている人も少なくありません。その点、無在庫転売であれば、あらかじめ商品を持たずに取引を始める事ができるので、在庫を持つ必要性は全くありません。だから、無在庫転売ならいずれば輸入商品も安心して扱えるようになるのです。

2-1-2.資金やクレジットカードがなくてもできる

物販を始めるためには少なからずの資金は必要です。もし手元に余裕のある現金がない場合でも、クレジットカードがあれば物販は始められます。しかし、中には資金もゼロ、クレジットカードも持っていないために、物販を諦めざる終えない人もいます。その点、ヤフオクの無在庫転売には無料で利用できるオークタウンといったツールがあります。無料ツールなので、無在庫転売初心者でも利用できます。

2-1-3.ヤフオクを利用するための年齢制限がある

アプリの中には年齢制限がないために、未成年との取引中にトラブルが発生しているケースが多く見受けられます。一方ヤフオクの場合は高校生以上で利用可という年齢制限があり、特に未成年の場合に限っては、親の同意がなければ入札できないカテゴリーも多くあります。したがって、未成年者による入札や落札のトラブルは少ない傾向にあるといえます。実際に、人気アプリは利用者数の増加が多いため売り上げが見込めると、流行にのって人気アプリに参入したものの、想定外のトラブルに煩わされるケースも少なくありません。結果的に、ヤフオクに戻ってくる、ヤフオクが安心だという大人の利用者が一定数確実にいるのです。 

2-1-4.ヤフオクは大量出品ができる

ヤフオクはツールを利用した大量出品の規制がないため、1日に行なう出品に関しても制限数は一切ありません。実際に1日に3000点の商品を出品しても何の問題もなくできりようになっています。だから、一度に大量出品したいけれども、いちいち11点マニュアルで出品することが煩わしいなぁということはありません。多くの商品を1度に大量出品して稼ぎたい人にはヤフオク無在庫転売はおすすめです。 

2-1-5.スマホでも取引が完結できる

ヤフオクは登場以来、多くの人がパソコンでじっくり取引することが主流でした。そのため、ヤフオクはある一定年齢の人が行なうものと思われてきたときもありました。しかし今やアプリでも利用できるようになり、今ではヤフオクもスマホひとつでタイムリーに取引を完結することも問題なくできます。ヤフオクの場合、入札されれば通知が来るため、商品の確保も比較的早くできます。

2-1-6.ヤフオクの利用者は年齢層が高い

ヤフオクの利用者はメルカリやラクマの利用者に比べると、平均年齢が高く、男性が多いといわれています。つまり、ヤフオクではお金に余裕のある大人の利用者や本物志向の男性の利用者が多くいるため、商品1点あたりの取引が高額になると想定できます。実際に、ヤフオクで無在庫転売として取引されている商品のなかにはカメラ、ブランド品といった高額の商品も目立ちます。

2-1-7.ヤフオクは値下げができない

ヤフオクにはフリマ形式とオークション形式がありますが、多くの人はオークション形式を利用します。そのため、出品者が商品を出品する時に、最低販売金額で出品します。するため、値下げ交渉機能を使わない限りは過度な値下げを入札者や落札者から要求される心配はありません。つまり、ヤフオクの場合、他のアプリやサイトで起きやすい値下げしすぎた…という失敗を避けることができます。

2-1-8.ヤフオクは手数料が安い

ヤフオクには月額498円で利用できるプレミアム会員と月額0円の非プレミアム会員があります。どちらも問題なく出品ができますが、出品した商品が落札されたときの手数料が大きく異なります。プレミアム会員の場合は落札された商品金額の8.64%が、非プレミアム会員の場合は10%が販売手数料としてかかります。ヤフオクで取引をする件数にもよりますが、月額498円を払って、多くの取引を行なうことで手数料を削減することもおすすめです。

2-1-9.ヤフオクは即金性がある

現行のヤフオクシステムでは売上金が自動で受取口座に支払われています。つまり、落札されてから一定期間が過ぎると売上金が自動的に入金されるため即金性が高いです。ところが、2019926日以降の落札代金に関しては、この自動で受取口座に振り込む機能が終了となります。そのため、今後は落札代金のすべてを「売上金」として受け取り、「PayPayへのチャージ」もしくは「口座振込」を選択することになります。尚、PayPayへのチャージとジャパンネット銀行口座への振り込み手数料は無料、その他の口座への振り込みは1回ごとに100円の振込手数料がかかります。いずれにしても即金性の高さは変わりません。

2-1-10.仕入れに日数がかかってもトラブルになりにくい

無在庫転売のトラブルに多いものに「なかなか商品が届かない」というクレームがあります。その点、ヤフオクであれば『支払いから発送までの日数』の設定にかなりの幅があるので安心です。特に7~13日で発送や14日以降で発送という選択は、他のフリマアプリには見当たらない日数設定です。つまり、ヤフオクなら仕入れに日数がかかるような商品でもトラブルを避けて無在庫転売しやすいので、最強の強みともいえますね。

ヤフオク無在庫転売のデメリット

続いて、ヤフオクで無在庫転売を行なうことで想定できるデメリットを具体的にみていきましょう。

2-2-1.無在庫転売を行なうライバルにストアも多い

フリマアプリの多くは法人やストアでの利用が禁止されていますが、ヤフオクはストアでの利用も可能であるため、個人だけでなくストアや業者の利用も非常に多いです。そのため、個人だけでなく、大々的に無在庫転売を行なっているストアも目立っています。従って、無在庫転売を行なっているライバルに業者がいることが容易に想定できます。だから、ヤフオクに無在庫転売として出品されているものの中にはさまざまな商品をみることができますし、出品されている数の多さに驚くことも多いでしょう。

2-2-2.落札者とのトラブルが起きやすい

無在庫転売の場合、どんなサイトやアプリを使っても、手元に商品がない分、在庫がある場合の取引に比べて、購入者や落札者からのクレームが起きやすいことは避けて通れません。たとえば、ヤフオクの質問からの商品の質問内容に正確に答えられないことも起きます。また、落札者の手元に商品が届いてから、出品されていた商品の説明文や質問に回答された内容とは違う商品の状態だったなどといわれ、評価「悪い」や評価コメントにクレームを書かれるリスクがあります。無在庫転売の場合、手元に商品がない状態での取引となるためリスクがあることはあらかじめ承知しておきましょう。

2-2-3.アカウント停止のリスクが常につきまとう

他のサイトやアプリでアカウント停止になり、無在庫転売を行なえなくなり、ヤフオクで無在庫転売をする人も増えてきました。それに伴い、ヤフオクでも無在庫転売による出品制限やアカウント停止といったペナルティーが目立つようになっています。ヤフオクのペナルティーには全部で3種類。ペナルティーの軽いところからいえば、出品制限、アカウント停止、アカウント削除となります。

ヤフオクで行なう無在庫転売の具体的なやり方

ここからは初めての人でもできる、アマゾンや仕入れ元の商品をつかって、ヤフオクで無在庫転売を行なう具体的なやり方について説明します。

①ヤフオクで転売する商品を探す

まずは商品探し。無在庫転売初心者におすすめなのはアマゾンの売れ筋商品から探すことです。ヤフオクで売れやすいものは、ヤフオクファンといったサイトを利用して、ヤフオクで売れやすいもの、高値で売り切れている商品などを検索しましょう。そして、ヤフオクで売れやすいもの、高値で取引されているものが具体的にわかったら、アマゾンにある同じジャンルのアマゾンランキングの上位商品から選ぶと上手くいくでしょう。

ヤフオクに商品を出品する

アマゾンの商品をヤフオクに出品する場合も、仕入れ元となる卸業者から商品を出品する場合も、出品に必要となる画像、タイトル、商品説明文がすべて揃っていて、使用できるケースがあります。

卸業者のなかにはコピペによる利用がOKとされている商品も多いので簡単に出品できます。ただし、ヤフオクでは無在庫転売が禁止行為にあたるため、商品説明などに無在庫転売を連想させる文言や「○○からの発送を予定しています」のような出品元と発送元が明らかに異なるような説明は避けましょう。また、仕入れに思わぬ日数がかかることもよくあるので、発送日設定には余裕をもっておくと、トラブル回避になります。また「仕入れ先から仕入れる」のところでも、商品の仕入れ先によって出品方法を切り替える方法を説明しています。

③ヤフオクで商品が入札・落札される

スマホのアプリではヤフオクを利用する場合、ヤフオクへの入札や落札がされたらメッセージが送られるように設定ができます。だから、入札・落札がされたら、商品を仕入れる準備に取りかかれるように、メッセージにはこまめに注意を払っておきましょう。

④入札・落札された商品を仕入れ先から仕入れる

商品がヤフオクで入札・落札されたらすぐに商品を仕入れる、つまり、アマゾンや仕入れ元から購入します。もし、アマゾンのプライム会員であって、アマゾンから仕入れる場合には、商品の到着にさほど心配は要りません。しかし、アマゾン以外の仕入れ元から購入する場合は、商品の到着に日数を要することが多いので、ヤフオクに商品を出品する際に、入札=即落札にならないような出品方法を選ぶほうが賢明でしょう。ヤフオクではオークション形式とフリマ形式の出品方法が選べるようになっています。オークションは文字通り、オークション終了後まで入札ができるため、出品価格よりも落札価格が上がる可能性があります。またオークション終了まで日数があるため、入札されてから商品の仕入れを始めても、商品が手元に届くまでにある程度日数がかかったとしてもそれほど問題になることは少ないです。一方フリマ形式は出品価格での定額落札のため、入札=即落札となります。そのため、仕入れにあまり日数がかかる場合はトラブルになりやすいため注意が必要です。 

⑤ヤフオクの相互評価を行なう

ヤフオクでの落札者が商品を受取り、評価がされたら、落札者へ評価をして取引が終了となります。無事に相互評価が済めば売上金の振り込み手続きが始まります 

ヤフオクの無在庫転売による収入事例

30代以降のお金に余裕のある男性や、本物志向の大人がヤフオクの根強い主な利用者といわれています。

他の人気フリマアプリと比べても、1回につき取引金額が高いことでも知られています。つまり、ちょっと高めでも需要があればいくらでも売れる可能性があります。 

男性の悩みを狙う

店頭で買わずにネットを利用する多くの人は「人に知られたくない悩み」に関するアイテムを買う傾向が高いです。脱毛もそのひとつ。

今や男性も美を追究する人が増えているので、脱毛に興味のある男性も増えています。そこで、自宅で使える脱毛器も狙い目です。

通常販売価格が49800円ですが、仕入れ先のクーポン割引などの併用をすれば30800円で仕入れができます。ヤフオクに50000円程度で出品して落札されると、20000円程度の売上げが見込めるので、大幅な黒字が期待できます。 

ブランドの財布

ヤフオクには多くのブランド品が出品されています。特に今年は小さめのお財布が女性には人気なため、女性に人気のブランド財布も狙い目です。

販売価格19900円のコーチの財布も、仕入れ先のタイムセール価格であれば4490円で仕入れができます。

コーチの財布はデザインが豊富です。また、個数に制限なく購入できる仕入れ業者も多いので、デザイン違いでたくさん購入し、120000円程度で落札されれば、15000円程度の売上げが見込めます。 

ヤフオクで無在庫転売を行なう際の注意点

ヤフオクでは無在庫転売を行なうことに対して厳しい規制が入りました。

決して違法ではありませんが、ヤフオクで無在庫転売を行なう際にはいくつか気をつけなければならないことがあります。 

ヤフオクには無在庫転売の規制がある

20198月に改訂されたヤフオクのガイドラインでは「商品の現物が手元にない状態で出品すること」の規制が厳しくなりました。

ヤフオクの規制でいう「現物が手元にないとは」・メーカーなどから直送されるもの、落札後に発注するもの、取り寄せが必要なもの、商品入荷後に落札者に発送するものなど、在庫がない状態での出品と当社が判断するもの・商品代金が未払いのもの、入札前に在庫確認を求めるもの、落札後に在庫切れだった場合の条件があるなど、商品の現物が手元にないことを示唆するものも含みます。

なお、商品引換券など、出品物が、引換対象物・役務の提供主体により発行された券面(代金支払い済であって、引換対象物を確実に確保できる状態にあることを示すもの)の場合にはこの限りではありません。つまり、無在庫転売そのものが規約違反行為にあたります。

評価数によっては大量出品でマークされる

ヤフオクは大量出品については規制がされていません。ただし、出品数と評価数が見合わない場合はヤフオク運営側のツールの検知にかかりマークされ、出品制限がかかる可能性が高いです。

この背景には過去に起きたヤフオク詐欺があります。ヤフオク詐欺というのは高額な商品を出品し、落札金額を回収し、商品は発送しないという詐欺でした。つまり、評価数が少ない段階での大量出品はマークされやすいため避けたほうが無難です。

個人的な体感ですが、ヤフオクの場合は評価が100程度となったタイミングで出品数の制限がかからなくなるようです。

商品説明や質問対応で無在庫転売をにおわせない

ヤフオク以外の他の人気フリマサイトなどで無在庫転売に対する規制が厳しくなり、ヤフオクで無在庫転売を行なう人が増えています。そのため、ヤフオク運営側でも、出品や評価内容などから無在庫転売へのチェックが厳しくなっています。

したがって、商品を出品するときに商品説明文中に、アマゾン、FBA、貸倉庫、○○から発送予定など、無在庫転売を疑われるフレーズを書き込まないようにしましょう。 

落札された商品の発送元に気をつける

無在庫転売だとバレるタイミングは、落札者が商品を受け取ったとき。つまり、落札者が「何か買った?」と思ってしまうような、見ず知らずの発送元から荷物が届いた瞬間です。

また、落札者のなかには「個人情報を勝手に登録された」などと気づく人もいます。場合によっては無在庫転売がバレるだけでは済まない問題が起きる可能性もあります。だから、商品の落札までは無事であったものの、落札商品を受け取るタイミングで気づかれないように発送元には細心の注意が必要です。

トラブルを回避する具体的な方法としては、多少の手間がかかりますが、次の手順が安全です。

①商品の発送日程は余裕を持って設定する
②商品の入札が行なわれたタイミングで自ら商品を仕入れる③自身で梱包と発送をする 

評価ポイント「良い」を多くためる

ヤフオクでは評価ポイントと出品数とのバランスをヤフオク側で調査しています。そのため、評価ポイントがゼロであるとか、評価数があまりに少ないにも関わらず、出品数が驚くほどに多い場合は、アカウントが停止される恐れがあります。

したがって、ヤフオクでできるだけ安全に無在庫転売を始めたいのなら、ヤフオクでの評価ポイント「良い」を多く貯めることが先決です。 

ヤフオクで安全に無在庫転売を行なうポイント

ヤフオクで安全に無在庫転売を行なうためにはいくつかの気をつけたいことがあります。

  • ヤフオクの評価ポイント「良い」の数に見合った出品数で始める
  • 出品商品の説明文や質問に対する対応で無在庫転売をにおわせない
  • 落札された商品を仕入れ先から直送する場合は発送元の情報や納品書の同梱に気をつける

ヤフオクの無在庫転売は規制が入っているため、安全であるとは断言できません。そのため、商品によっては手間であっても、仕入れから発送までを自身で行なうことが無難であると言えます。